ヨガマスターへの道 The way to a yoga master.

ヨガの魅力を伝えて理想的な体型を目指しながら、生活に良い影響をあたえる情報発信をします。

【ヨガ】アームバランス「ベビークロウ」のやり方

f:id:shikaku-master-ota:20190608201405p:plain

 

今回は「ベビークロウ」にチャレンジした内容をレポートします!

 

ベビー=赤ちゃん、ということもあって簡単そうなのかな?と思いそうですが、やってみるとそうではない事がわかりました😓

 

SNSでほとんどの人が、ポーズ後の感想を見た目より「キツい」と言っていました。

 

ベビーというだけあって、小さく縮こまっているように見えますが、実際は❝ヘビー❞でした😂

 

 

「ベビークロウ」のやり方

 

「クロウポーズ」の名前の由来は、二本足で立つカラスに似ているところからきているそうですが、そのカラスのベビーということもあって、自由が動けない感覚になります。

 

今回はインスタやYouTubeで、やり方を探しましたが、ほとんどは座った状態からポーズに入っていました。

 

中には「上級者」っぽい難しい入り方もあり、「ヘッドスタンド」や「孔雀の羽」からも入れるようでしたが、僕は最初なのでとりあえず無難に座ってやることにしました😁

 

やり方:まず座った状態から、両手の肘と前腕部を床につき

 

f:id:shikaku-master-ota:20190608203429j:plain

 

次に両膝を上腕部に乗せる(このとき腕は押し潰されないように踏ん張る)

 

f:id:shikaku-master-ota:20190608203508j:plain

 

数秒キープしてから、元の座った状態に戻る(見た目は土下座をしているようですね😁)。

 

www.yoga-master.work

www.yoga-master.work

 

まとめ

 

このところ両手を床に立てるアームバランスをしていたので、今回は使う体幹の筋肉も微妙に違うのにしましたが、その工夫で今までの筋肉を休ませる事ができました。

 

孔雀の羽のポーズ(肘と前腕部を床につけて行う逆立ち)と、使う体幹が似ているので、その前段階としての練習にも良いと思います。

 

余裕のある方は「ベビークロウ」→「孔雀の羽のポーズ」のフローができるように練習してみてください、ただ逆立ち系は首から落ちると危険なので、壁を使って練習することをオススメします。

 

このフローは地味にみえますが、出来たらスゴいですよね、ポイントはゆっくり重心を移すのがいいようです。 

 

練習中のアーサナ「鶏のポーズ(クックタサナ)」

 

最後に話は本題からそれてしまうんですが、他に練習しているアーサナを紹介したいと思います。

 

このポーズは入り方がわからなかったんですが、現代はすぐ調べられる便利なインターネットの時代なので、早速調べることに...するとありました💡

 

蓮華座から太ももとふくらはぎの間に、両手を入れるようで、結構狭い穴なので時間がかかりましたね、慣れている方のをみると「スっ」と入れているんですが...

 

f:id:shikaku-master-ota:20190608201850j:plain

 

そこに腕を入れてみると、過剰にスレるような痛みが走り、ネット上の声を聞いてみると大体の人がやはり「痛い」と言っていたので、最初は仕方がないようです。

 

しかも両腕は肘まで出さないといけないようで、そこまでもっていくのに一苦労しましたが、こんな段階で苦労するとは...そして後ろに倒れてから

 

f:id:shikaku-master-ota:20190608202805j:plain

 

反動で起き上がります。

 

f:id:shikaku-master-ota:20190608202848j:plain

 

実はこのポーズの由来も、二本足で立った鶏の姿に似ているからなんだそうですが、鶏は地面を小走りするイメージですよね?

 

😥でも全く身動きがとれないんで、おそらく狭いところで飼われた食用の家畜ではないかと、かってに想像してしまいます😂

 

このポーズはまだ完全には完成していないので、練習を積んでいきたいと思います。

 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。